シングルマザー 所得税・住民税の減免

シングルマザーの家庭で減免される所得税・住民税について

ナビゲーターイメージ02シングルマザーの家庭の場合、所得税と住民税が減免されます。都道府県の各自治体では、ほとんどのところで住民税と所得税の軽減が、シングルマザーの家庭に対して行われています

 

これは、ひとり親世帯を対象とした公的補助制度であり、地域ごとに行われています。地域によってその内容は異なりますが、申請することで受けることができます。自分で申告をしないと役所から連絡はありません。税務署か職場に相談をして軽減措置ができるかを確認する必要があります。

 

子供を育てながら働いているシングルマザーの家庭の所得額は、年間所得額は125万円以内のところが多く、この場合、非課税になります。所得税と住民税が控除対象になるのは、所得額が500万円以下の場合ですが、シングルマザーの家庭なら、まず該当するでしょう

 

所得税からは27万円、住民税からは26万円控除されるので、合計50万円以上の控除を受けることができます。これだけの額が控除されれば、家計的にかなり助かります。

 

シングルマザーになると毎月の税金の負担は大きく感じるようになります。少しでも安くなると助かるので必ず申請しましょう。


QLOOKアクセス解析