シングルマザー 公営住宅の優先利用

シングルマザーの家庭が優先的に利用できる公営住宅について

ナビゲーターイメージ02シングルマザーの家庭が優先的に利用できる公営住宅があります。母子家庭が県営住宅や市営住宅などの公営住宅に入居すると、収入に応じた家賃補助制度を受けることができます

 

公営住宅は家賃が安いのが魅力ですが、多数の応募があるので中々、入居することができません。しかし、シングルマザーの家庭であれば、公営住宅に優先的に入居することができます

 

離婚してシングルマザーで子供を一人で育てていく場合、住む場所の確保は一番困る問題です。同じ場所に住める母子はいいのですが、賃貸住宅に住むことを余儀なくされるシングルマザーもいます。そうした場合、保証金などまとまったお金が必要になります

 

また、子供の学区の問題で場所探しに苦慮したり、家賃が高くて思うように部屋が探せなかったりします

 

シングルマザーの家庭は、色々と経済的に苦労するので、家賃の安い公営住宅に優先的に入居させてもらえるようになっています今住んでいる区役所、福祉事務所、支援課に行けば、申込むことができます

 

入居資格は、子供を母親一人で養っていて住める場所が無くて困っていること家庭の収入が規定の基準内にあることこれまでに公営住宅を不正な形で使用したことがない人などになります。


QLOOKアクセス解析