シングルマザー 住宅手当

シングルマザーに給付される住宅手当

ナビゲーターイメージ01シングルマザーの家庭に給付される住宅手当の制度は、20歳未満の児童を養育する母子家庭の世帯主に提供しています。月額10,000円を超える家賃を払っているシングルマザーの家庭を対象に補助金制度を設けており、収入に応じて家賃の補助があります

 

シングルマザーの家庭になった原因が、離婚や死別などの場合、住む場所に困ることになります。そうした場合、母子家庭に対して、各自治体は、格安で最低限の生活ができるよう、公営住宅を提供しています

 

シングルマザーの家庭に給付される住宅手当については、一般的に、一人親で20歳未満の子供を養育する家庭で、自ら居住するための住宅を借りていて、月額10,000円を超える家賃を支払っている人が対象なりますが、所得制限があります。また、市町村独自の制度なので、ない市町村もあります

 

家賃が月額10,000円を超えた額について、月額5,000円を限度として年3回口座に振込んでくれるところもあれば、月額1万円を申請月分から補助してくれるところもあります。

 

シングルマザーの家庭に給付される住宅手当は、各自治体で支給条件が定められているので、詳しくは、住んでいる地域の自治体に確認する必要があります


QLOOKアクセス解析