シングルマザー 児童扶養手当

シングルマザーに給付される児童扶養手当とは?

ナビゲーターイメージ01シングルマザーの家庭に給付される児童扶養手当の制度は、一人親家庭の児童のために支給される補助金になります

 

支給対象は、18歳に達して3月31日になるまでの児童を育てる親で、補助金の額は前年度の収入で違ってきます。

 

130万円以下なら、全部支給の月で41,720円130〜365万円なら、一部支給の9,850〜41,710円が支給されることになります。

 

離婚するなどして父もしくは母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童に対して、地方自治体から支給される補助金です。基本の額と所得に応じて支給停止額から決められるのですが、基本の額は児童が1人の場合、月額41,720円、児童が2人の場合、月額46,720円、児童が3人の場合、月額49,720円になります。これ以後、児童が1人増えるごとに月額3,000円が追加されます

 

ただし、所得額が制限額を超えた時は、児童扶養手当は支給されません。児童扶養手当は子供の養育に関する補助金なので、支給要件があって、地域によって支給される額が異なります。

 

シングルマザーの家庭に給付される児童扶養手当は、最高額が40,000円以上の手当になるので、必ず申請しておきたい補助金と言えます


QLOOKアクセス解析