シングルマザー 保育料の減免

シングルマザーの家庭で減免される保育料について

ナビゲーターイメージ02シングルマザーの家庭の場合、保育料が減免されます。なぜなら、シングルマザーになると、結婚している時に専業主婦だった人も、大抵は仕事をしなければならなくなるからです

 

子供を育てるために働かなければ、生計を維持できなくなります。子供が小学生未満の場合、働きに出る際、保育園に預けることになります。

 

結婚している時は、夫の収入があるので、幼稚園でも保育園でも保育料はそれほど負担になりません。幼稚園とは違い、保育園は仕事を持つ親に対する理解があります。家庭の事情も話しやすくてよいのですが、保育料を払うのが苦しいです

 

そんなシングルマザーのために、減免される保育料の制度があります。母子家庭の場合、保育料の減免措置が適用されるので助かります。保育料は最低でも2万円以上かかりますが、所得額が一定額より低い世帯は、保育料が全額免除される場合もあります。シングルマザーの家庭にとっては、とても有難い制度です。

 

但し、基準の減額があるので、役所に尋ねてみることです。子供の年齢が低いとそれだけ保育料も高くなるので、仕事にいくシングルマザーの家庭は、少しでも減免できるよう申請しましょう。


QLOOKアクセス解析